チェルシー・スタンフォードブリッジのスタジアムツアーに行ってきた!

ロンドンといえばサッカー!
試合が開催されていなくてもスタジアムツアーを堪能することができます

この日はチェルシーの本拠地スタンフォードブリッジのスタジアムツアーに行ってきました!

チェルシー スタジアムツアーの概要

スタンフォードブリッジを余すところなく堪能でき、選手やスタッフしか入れないエリアまで見ることができるスタジアムツアー。

各スタンドや、記者会見場、ホーム&アウェイのドレッシングルーム、トンネルからベンチまで足を踏み入れることのでき、スポーツファン垂涎の内容となっています。

ツアー開始時には多言語対応のマルチメディアデバイスが配られ、ビデオやクイズ、360コンテンツなどでこれまでより一層雰囲気を感じることができるように。

またリック・グランヴィルによるクラブの解説、もちろん’Liquidator’のアンセムも聞くことができます。

ツアーガイドはどんな質問にも答えてくれる熟練のスタッフばかり。

知識と情熱を兼ね備えたスタッフに、最新技術のテクノロジーでスタンフォードブリッジのツアーをこれまで以上に楽しむことができます。

 

チェルシー スタジアムツアーの種類とお値段

チェルシーのスタジアムツアーは4種類あります。

  • スタジアムツアー
  • プラチナツアー
  • ランチ付きツアー
  • ミュージアムのみ観覧

スタジアムツアーとプラチナツアーのちがいは参加人数のみ。
スタジアムツアーは1回あたり40人を上限としていますが、プラチナツアーは2~10人くらいのグループで行われます。

スタジアムツアー19ポンド
プラチナツアー45ポンド

ツアーガイドを独占できる魅力はありますが、英語が堪能でない方には不向きです。

特にこだわりがない方は、通常の「スタジアムツアー」をおすすめします。

なお、当日申し込みの場合は3ポンド高くなるので、予約推奨です。

 

スタンフォードブリッジへのアクセス

地下鉄

最寄駅はディストリクト・ラインフルハム・ブロードウェイ駅

アールズコート行き、あるいはウィンブルドン行きの駅で停留します。

地下鉄以外だとウェスト・ブロンプトン駅、あるいはインペリアル・ワーフ駅が最寄りで、徒歩15分ほど。

バス

バスの停留所は2箇所。1

4番、211番、414番に乗ればスタンフォードブリッジのほど近くで降車できます。

 

スタジアムツアーの会場時間と閉館日

開場時間

内容7月・8月4月〜6月9月〜3月
スタジアムツアー10am – 5pm10am – 4pm10am – 3pm
ミュージアム9:30am – 6.30pm9.30am – 5.30pm9.30am – 5pm
ミュージアムセンター9.30am – 5pm9.30am – 4.30pm9.30am – 4pm

閉館時間

スタジアムの都合や試合日などはツアー開催できない。

 

チェルシースタジアムツアー 体験記

街中を歩いているといきなり現れるスタンフォードブリッジ!

ここからスタジアムツアーに入れます

ツアーに参加するといきなりピッチに!
うーん壮観ですな。もちろん写真撮影もOKです

こちらがホームチームのベンチ
モウリーニョ監督など名だたる名監督・名選手がここに座ってきました

試合前や試合後に監督が記者会見を行うブースです。
この場所でも監督気分になって写真撮影を行うことができます。

こちらがホームチームのロッカー

壁には当時所属していた選手のユニフォームが並んでいます。

アウェイチームのロッカーには、このスタジアムでプレーしたことがある歴代クラックたちのユニフォームが並んでいました。

なんとプシュカシュやクライフのユニフォームも。

スタジアムの様子を別角度から。

チェルシーのオフィシャルショップ
こちらも広いですね

チャンピオンズリーグのレプリカトロフィーを置けるのは優勝チームだけの特権ですね

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status